松尾 俊介(ギター)

Shunsuke MATSUO (Guitar)

 パリ国立高等音楽院ギター科を審査員満場一致の首席で卒業。2005年古楽と現代音楽に焦点を当てたファーストアルバム 「ヴァリエ1」をリリースし、トッパンホールにてデビューリサイタルを開催。その後はHAKUJUギターフェスタ、ベオグラード国際ギターアートフェスティバル(セルビア)、サラエボの冬(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、ギター上海2014(中国)などの音楽祭に招かれるほか、東京オペラシティB→C、東京・ 春・音楽祭「東博でバッハ」シリーズに出演。これまでに東京交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団等のオーケストラと共演し、ソリスト、室内楽奏者として、邦楽との共演や新作の初演など多彩な演奏活動を展開している。

 2015~2016年に開催されたリサイタルシリーズ「Horizon」では、武満徹没後20周年を記念した「武満徹へのオマージュ」がNHK-FM「現代の音楽」で放送されたほか、バッハ作品をはじめ多数の編曲を手掛け、2019年には史上初のギター伴奏によるシューベルト「白鳥の歌」全曲演奏が大きな注目を集めた。一般財団法人地域創造公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティスト。

 ギターを渡部延男、福田進一、アルベルト・ポンセ、キャレル・アルムス、オリヴィエ・シャッサンの各氏に、古楽をエリック・ベロック氏に、室内楽をラスロ・ハダディ、上田晴子の各氏に師事。

 CDは2008年マヌエル・ポンセ作品集「Varie4/Ponce Guitar Works」、2013年には自身がすべての編曲を手がけたバッハのリュート作品を中心とした「ギターが奏でるバッハの世界」、2015年「トリアエラ~ローラン・ディアンス作品集」、2016年「エキノクス~武満徹へのオマージュ」をリリース、いずれもレコード芸術誌特選盤に選ばれる。

公式ウェブサイトへ

講師陣のページに戻る