佐藤 愛(ピアノ伴奏)

Megumi SATO (Piano-accompaniment)

 三重県四日市市出身。愛知県立明和高等学校音楽科、愛知県立芸術大学音楽学部音楽科器楽専攻ピアノコースを卒業。パリ地方音楽院ピアノ科演奏家課程を審査員賞賛付き満場一致の首席で修了。 並びに、同校ピアノ伴奏科を修了。リヨン国立高等音楽院ピアノ科修士課程を修了。現在、東海地方を中心に演奏活動をする他、アーデノート音楽院にて後進の指導にも当たっている。名古屋二期会登録ピアニスト。

 第14回シャトゥーピアノコンクール(仏)Excellence部門第1位。第17回スクリャービン国際コンクール(仏)Superieur I部門第2位。2018年レ・クレドールコンクール(仏)Excellence部門第1位。2018年パリ・ショパンフェスティバルに推薦され出演。 2019-2020年度コンサートシリーズ”Jeunes Talents”に合格、パリにてリサイタル開催予定。第32回名古屋演奏家育成塾コンサートにて、名古屋市長賞、聴衆賞、奨励賞を受賞。スター・クラシックス・アカデミア第2期生。愛知室内オーケストラとラヴェルのピアノ協奏曲を共演予定。

 また、ソロ活動だけでなく、室内楽にも魅せられ、数多くの音楽家との共演を果たす。亀井綾乃氏とのデュオでは、2018年フランス音楽コンクール連弾Excellence部門第2位、レオポルド・ベラン国際音楽コンクール連弾部門にて全体最高位の名誉賞を受賞。キャプ・フェレ音楽祭に招聘される。

 これまでに、岩野めぐみ、菊地裕介、川井綾子、ジャン=マリー・コテ、ローラン・カバッソ、エレーヌ・ブシェの各氏に師事。ピアノ伴奏法をアリアンヌ・ジャコブ、フィリップ・ビロス、アナイ・セレキアンの各氏に師事。

講師陣のページに戻る